抜毛ラボ -batsumo labo-

【何とかしてあげたい!】子供の抜毛症の原因まとめ

time 2017/08/08

【何とかしてあげたい!】子供の抜毛症の原因まとめ

こんにちは、星田です。

ご自身のお子様の頭にハゲを見つけたら「どうしたの?!何があったの?!」って心配になりますよね。自分で髪を抜いていた場合は抜毛症の可能性が高いです。ハゲや抜毛行為を見かけたらつい叱ってしまいそうになるでしょうけど、一息ついて様子をうかがいつつ、お子様に合った対策をしていきましょう。

そのために今回は、幼少期に抜毛症だった筆者が、自身の経験を振り返りつつ子供の抜毛症の原因と対策をまとめました。

子供の抜毛症の原因

精神的ストレス

一番大きな原因と考えられるそうです。子供は大人と違い、自分の不満などを言葉で伝える事が苦手なので、無意識的に構ってもらおうとして髪を抜いていることもあるそうです。

人が多い幼稚園や学校でのストレスも子供ながらに多いものなのです。持病がある場合はそのストレスも考えられます。

あとは、共働きや母子家庭でお子様が一人の時間が多い場合や、お子様の前で夫婦喧嘩をした事がある場合も要注意です。

暇つぶし

大人でもよくあることですが、退屈になると、爪や髪をいじったりするのと同じ感覚で、退屈しのぎでやってしまうことも。学生さんで勉強が苦手な子にも多いそうです。

好奇心

暇つぶしにもよく似ていますが、些細な事がきっかけで抜毛に興味が湧いて抜き始める事もあります。

私の場合は、確かお笑い番組で女の子が「眉毛がかゆい」といってむしっているのを見てこれを真似したのがはじまりでした。別記事でも言ったかもしれませんが、顔がアトピーでかゆくて、眉を抜くと気が紛れるのでしていたような気もします。

 

抜毛症患者の数は多いのに、未だにはっきりとした原因はわかっておらず、特に日本には専門医すら未だ居ないそうです。

原因もお子様の生活環境などにより様々で複合的なので、できる限りお子様を見守りつつ、これらを参考に原因を探って行くことが大切です。

そもそも抜毛症って何?

健康な髪の毛を自分で抜いてしまう病気で、別名トリコチロマニアとも言います。たまに抜いてしまう程度なら「抜毛癖」ですまされますが、

  • 体毛を失ってしまった箇所がある
  • 無意識に髪を抜いてしまう
  • 髪を抜くのが快感でやめられない

などが、病院での抜毛症の判断基準になるそうです。

抜毛症は何科の病院へ行けば良いの?

 

主に幼少期から思春期にかけて発症しやすく(とくに女の子)、治療を始めたらどのくらいで治る、などの目処も立たないといわれています。

抜毛症自体は決して珍しいものでなく、自然治癒することも多いですが、

  • 髪の毛がそこらじゅうにまとまって落ちている
  • 頭に大きなハゲができている
  • 声をかけても無心で抜毛する

これらの場合は速やかに対策を行いましょう。

対策はどうすれば良い?

大切なお子様がハゲてしまったらかわいそうですし、思春期になるまで続いていたら、おしゃれや外出にも支障がでてしまうので、早めに対策をしてあげましょう。

幼稚園や学校での話を聞いてあげる

忙しいママやパパはやはりこれを忘れがちです。

普段からよく話をしている場合は「お外で嫌な事があったら教えてね」などと声をかけたり、無理のない範囲で聞き出しましょう。

大人でもそうですが、やはり話をひたすら聞いてもらえるだけでも心が癒されますし、悩みを急に打ち明けたくなったりするものです。

新しい遊びを覚えさせる

髪を抜く理由を聞くと「面白い・楽しいから」なんて言われた場合は、髪を抜く事以上に子供が夢中になれるような遊びを教えましょう。

「髪を抜きたくなったらこれで遊びなさい」と声をかけて、はじめのうちは一緒に遊んであげれるとより良いでしょう。

小学生くらいのお子様には、今話題のハンドスピナーが人気だそうです!

スキンシップを多めに

抜毛行為がバレるとひどく叱られる!と思って抜毛した事を隠すお子様も多いようですが、そんな場合におすすめです。子供のお話を聞いてあげる事にも似ていますが、「大切な髪の毛がなくなったらママも悲しいからやめようね」なんて言いつつ、スキンシップで愛情を注ぎましょう。

 

病院治療は非推奨派が多い?

抜毛症患者の個人的に病院治療は、よほど手に負えない深刻なレベルでない限りはおすすめしない!って方がおおいようです。

カウンセリング等で、第三者から見た細かい精神分析などはできるかもしれませんが、お子様の場合は特に、ご家族の協力での治療が一番おすすめで安全です。

 

深刻にとらえすぎず前向きに対策を

子供の抜毛症は本当によくある話で、大抵は成長と共にいつの間にか治っている事が多いので、あまり深く悩みすぎない事も大切かな・・・と思うのです。抜毛症で苦しんだ経験をもつ者が言うべきことじゃないかもしれませんが・・・(笑)

とにかく、お子様と一緒に抜毛症と前向きに明るく向き合うことで、また親子の絆も一層深まるんじゃないかなと思います!

コメントを残す



管理人愛用ウィッグベスト3

【ウィッグパーク】



 

【アクアドール】



 

【リネアストリア】



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。