抜毛ラボ -batsumo labo-

【ストレスが原因?!】無意識に髪を抜くのは病気かも

time 2017/07/15

【ストレスが原因?!】無意識に髪を抜くのは病気かも

こんにちは、星田です。
子供の頃からつい最近まで、イヤな事があると、ぼーっと悩んだりしているうちにいつの間にか髪を抜きまくっていた事がありました。

この行為、どうやら列記とした病気である「抜毛症」だそうです。

私自身、つい最近までこの行為が病気であることを知らず、
「自分は髪の毛を無意識に抜く奇妙な女なんだ・・・・」と、自分自身に恐怖を抱いていました。

私と同様の癖でお悩みの方は、十分に抜毛症の疑いがあるので注意が必要です。

抜毛症とは?脱毛症とは違うの?

髪が自然に抜け落ちる脱毛症とは違い、抜毛症は健康な髪を自ら抜いてしまう病気です。

私の場合は、表面がデコボコしていたり、癖の酷い毛を見つけては抜く、という行為を繰り返していました。勉強中や何かイライラしているときは特に自然に左手が髪を触り、ザラザラした毛を指感触で探している状態でした。

このほか、発症の仕方は人により様々で、前髪などての届きやすい場所を集中的に抜いたり、頭髪以外の眉毛やまつ毛などの体毛にまで及ぶ場合や、
中には、抜いた髪の毛根を食べてしまう食毛症に発展するケースもあるそうです。

毛根を食べる癖があるのって私だけ?

一般的には幼少期に発症し、大人になるまでに自然治癒すると言われています。
ですが、私のように、大人になっても完治せず時折過度に発症するケースも最近は増えているようですね。

内気でストレスを溜め込みやすい人に多い

また、内向的でストレスを溜め込みやすい性格の女性が発症しやすいそうで、
私自身も子供の頃は酷いアトピーでイジメにも遭っていたせいか、非常にこれに当てはまる気がします。

抜毛行為は、周囲から見れば非常に病的ですが、当人は無意識な場合が多くで、そこそこ悪化するまで抜毛行為の異常事態に気付かないんですよね。少なくとも私の場合はそうでした。

髪を一本一本丁寧にプツンと抜くたびに、スカッとすると言うか、とにかく安堵感に浸れるので、しんどいことが多いときほどやめられず、酷い場合は数時間に渡り抜き気になる毛を抜き続けることもありました。

髪を抜くと気持ちいいのは異常?!

 

単なる癖ではないので治療が困難!

私の症状が酷かったころ、親に病院へ行きたいと相談したところ「抜毛症とか、本当はただの癖でしょ?アンタが本気で治す気がないだけ!」なんて言われたものです。

確かに当事者でなければそう思うのが普通でしょうし、ましてや親も、我が子が病気であって欲しくないのは当然ですから尚更でしょう。

ですが、病気の原因が精神的ストレスなどの内面的問題が主だそうで、単純に我慢だけすりゃ良い、というわけではないことが殆どです。

ちなみに抜毛症と診断される基準は以下の通りだと言われています。

抜毛行為により、髪の毛を失った部分があること、
抜毛行為の際、痛みより快感が強い。
また、その行為を数時間にわたって没頭して続けてしまう。
意識しなければ頭皮にどうしても手が行ってしまう。

これら以外の軽いものは抜毛癖にすまされ、治療もしやすいとされています。

抜毛症って薬で治療できるの?

軽い抜毛癖のうちに対策を

そこまで病的に髪の毛を抜くわけではないけど、情緒不安定な時にちょっとやっちゃうな・・・なんて軽い抜毛癖の場合も注意が必要です。

状況によっては、急に悪化してしまうことも有り得ますので。

 

いかがでしたでしょうか。

私は今、大手カフェチェーンにてこの記事を書いていますが、周囲を意識してよく見ていると意外に「あ、この人もそうなのかな・・・・」という仕草の方が多くて驚きました。しかもその殆どが若い女性。案の定、表情は冴えない感じです。

あんまりやると私みたいにアチコチ薄くなっちゃうよ・・・・!

なんて心の底で思っていましたが、当然声はかけれず。(不審に思われますからね!)

とにかく、無意識に髪を抜いてしまう方は、髪が薄くならないうちに、早めの対策をおすすめします!

コメントを残す



管理人愛用ウィッグベスト3

【ウィッグパーク】



 

【アクアドール】



 

【リネアストリア】



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。