抜毛ラボ -batsumo labo-

【誰にも言えない】毛根を食べる癖があるんだけど私だけ?

time 2017/07/15

【誰にも言えない】毛根を食べる癖があるんだけど私だけ?

こんにちは、抜毛症経験者の星田です。

抜毛症ブログを始めた経緯で知ったことですが、健康な髪を自ら抜く以外に、なんと髪(毛根を)食べてしまう癖をもつ人もいるようですね。
というか、私も幼少期に一瞬経験していたのですが・・・。
これが実は列記とした「食毛症」という病気だということが分かったので、今回はこれについてリサーチをすすめました。

【関連】くせ毛を見つけたら抜いてしまうのって私だけ?

抜いた髪の毛根を食べてしまう

症状は文字のごとく、毛根や髪の毛をそのまま食べてしまう癖です。

髪をひっこ抜くと毛根が大抵くっついてきますよね。
それがどうしても気になって、触ったり、潰したり、匂いを嗅いだりして遊んじゃうんです。
その過程で口に含んで食感を楽しんだりして、酷くなると最終的に、毛そのものを食べてしまう、という感じです。

普通の人には、口が裂けても言えないような奇妙な癖ですよね・・・。それゆえに、抜毛症と同じく知名度以上に、水面下では食毛症患者数は非常に多いと言われています。

毛根を絞り出しちゃう癖がある人って他にいる?

私も抜毛症が酷かったころ、
「どうして皮膚の中で、こんな冷たくてぷるぷるなのが出来るの?」とか、
「毛根の形が色々あるのはなんで?」などなど
正直、毛根にとても不思議な魅力を感じていました。

毛根に付いてる透明で冷たいアレの正体は?

前述の通り、私も実は幼少期に毛根を口に含んだことがありました。
食感や匂いに不快感があったので、私は癖になるまでにはいたりませんでしたが、
なぜか興味本位でとっさに食べてみた、という感覚だったと思います。

幼少期〜思春期に発症しやすい

抜毛症の延長線の症状なので、それ同様幼少期〜思春期にかけて発症しやすいそうですが、ネットでのリサーチを進める限り、今は大人も非常に多いようです。

毛根の食感や匂い、味が癖になってやめられなくなるようですが、
これを本当に続けてしまうと体に悪影響が出ないか少し心配になります。

様々な病気のリスクも

毛根は自分の体で出来たものなので、食べても害はなさそうに思えますが、実は様々な病気の引き金になる可能性も高いのです。

腸閉塞
腸の流れが滞ることにより、激しい腹痛や吐き気に見舞われる病気です。
新陳代謝が出来ない上、最悪腸が破裂してしまうこともあり得るそうです。

胃腸炎
髪の毛が胃石になり、胃を圧迫してしまうことにより発症するようです。稀な例かもしれませんが、海外のニュースでは、17歳の少女の胃から腕ほどの太さの毛髪胃石が摘出された一件が話題になったこともあったそうです。

食べてるのは少量だし、大したリスクにはならないよ・・・・などと安易に考えがちですが、精神的に不安定になるとこれが酷くなり、上記のような病気の他にも、異食症なども合併してしまうそうなので、早めの対策が必要です。

特に子供の場合は、食毛症をきっかけに自分の髪以外や毛のような形のものなどにも興味を持ち、異食症に発展してしまうケースに至りやすいようなので要注意です。

そもそも髪を抜かなければ食毛も防ぐことはできますので、根本の抜毛症を改善させるように努めるのが、最善策でしょう。

原因は精神的ストレスなど

原因は抜毛症同様、精神的ストレスなどが主に挙げられており、特に女児に患者が多く、内気であまり普段から自己主張しないタイプの方に多く、そのストレスが抜毛症・食毛症に発展してしまうのではないか、と考えられており、普段からのメンタルケアなどがより必要性を考えさせられますね。

この癖がストレスの発散になるがゆえに、これが変な癖だという自覚があったとしても、病気だと気付かない方も多いそうなので、この食毛症に該当する方はメンタルケアに積極的に取り組むなど、早期の対策を強くおすすめします。

コメントを残す



管理人愛用ウィッグベスト3

【ウィッグパーク】



 

【アクアドール】



 

【リネアストリア】



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。